iPhone関連情報 iPhone修理のアイプラス

iphone修理のアイプラス 川口店

アイプラス電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス電話番号

アイプラスメニュー

iPhoneお役立ち情報

一覧

iPhone(アイフォン)のバッテリーについて知っておきたい事。

2021/03/08

どんなスマホやiPhone(アイフォン)でもこの機能は気になると言うのが

バッテリーや充電がどれくらい持つのかと言うのはどんな人も気になるポイントではあると思います。

 

「あ!自分はバッテリー持ち全然悪くて結構!!」と言う方は0ではないですがかなり少数派の部類に入るでしょう。

 

さて本題に貼りますとiPhone(アイフォン)のバッテリーは年々昨日が上昇しておりiPhone(アイフォン)自体も節電を心がけて設計されているので比較的iPhone(アイフォン)のバッテリーは持つと言われております。

しかしながら、現在の技術ですとスマホのバッテリーは1年半が寿命と言われておりここら辺について今回は解説していこうと思います。

 

バッテリー・電池には2種類ある。

1次電池と2次電池と言う種類があります。

 ●一次電池

使い切りの電池を指します。化学反応が進むと、だんだん電気を起こす⼒が弱くなり最後にはほとんど力がなくなります。

馴染みの近いもので言うと腕時計などに使われるマンガン乾電池 やミニ四駆に使われるアルカリ乾電池などがあります。

もちろんマンガン乾電池・アルカリ乾電池の特性もあります。

マンガン電池は電源を入りきりするような製品に向いていると言われます。リモコンや時計などで使用するにはもってこいの電池です。

また、マンガン電池の特性はオン・オフすると電圧が回復する特性を持ち合わせておりオンオフがある機会を使い場合はマンガン電池と覚えていくと良いでしょう。

アルカリ電池は強いパワーが特徴で連続使用が要求される機械に使用すると良いでしょう。モーターなど強く連続的に必要なものはアルカリ電池の得意分野であり、子供のおもちゃなどもアルカリ電池が向いているでしょう。

 

●二次電池

充電して繰り返し使える電池を指します。充電池と呼ばれているのもこの2次電池の事を指します。

電気を起こす⼒をなくしても、逆に外から電気を 送り込む(充電する)と元の⼒を取り戻すことができるため繰り返し使うことができるのが大きな特性です。

この2次電池こそがiPhone(アイフォン)が搭載しているリチウムイオン電池なのです。

このリチウムイオン電池は繰り返し使えることが大きな特徴でもありモバイル端末にはなくてはならないものになりました。

もちろん2次電池にはリチウムイオン電池以外にもありますが今回はリチウムイオン電池について記述していきます。

 

ちょっと長くなりましたので次回の記事にしていこうと思います。

 

また、アイプラスララガーデン川口店ではバッテリー交換は最短で15分で交換が可能です。

まずはお電話ください。

バッテリー料金はこちら

iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
アイフォン修理永久保証割引
ペア割

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

PAGE TOP